2021年度 第1学期 5月 一般教養講座

5月27日 世界を知るーコロナ禍の世界と日本の進路ー

テーマ:世界を知る-コロナ禍の世界と日本の進路-

講師:京都産業大学 名誉教授

   田中 義晧 先生

 

 本日は「コロナ禍の世界と日本の進路」をテーマにした、国ごとに違う、人種や物の考え方、またこのコロナ禍における自立した外交姿勢など、広い視野にわたってのお話でした。

  授業はいつもと同じように、座席のソーシャルディスタンスも保って行われていました。

 

次回予告:63

テーマ:関西人でも知らない大阪のおもろい場所・コト教えまっせ!

講師:大阪観光プロガイド

   おくむら たけすけ 先生

5月20日 戦国時代、公家の食卓を覗いてみる

テーマ:戦国時代、公家の食卓を覗いてみる

講師:京都府立大学 特別専任教授

   上田 純一 先生

 

戦国時代の公家の食卓について、興味深いお話をたくさんお聞きする事が出来ました。

日本人の相手に対するおもてなしの心、相手に対する敬意の表し方の現れとして、ふるまわれた酒で、「酔う」と言うマナーや、秀吉の「刀狩り」が日本人の食に与えた影響など、食の文化には歴史がかかわっている、と教えて下さいました。

 

最後に生徒さんからの質問に答えて、「ニンニクは疫病に効く、古来からニンニクは疫病退散のために使用されて来た。」とおっしゃっていました。きっと今晩の食卓にニンニクを使用されるお家は多いのでは、と考えてしまいました。

 

テーマ:世界を知る―コロナ禍の世界と日本の進路―

講師:京都産業大学 名誉教授

 

   田中 義晧 先生

5月13日 本能寺の変Ⅰー既往諸説の検討ー

テーマ:本能寺の変ー既往諸説の検討ー

講師:国際日本文化研究センター名誉教授

   笠谷 和比古 先生

 

 本日の授業は「本能寺の変Ⅰ」について、笠谷和比古 先生の授業です。

 「本能寺の変」と言うと、諸説様々ありますが、先生はその一つ一つを丁寧に解説してくださいました。こんなにたくさんの説があるのですね。皆さんとても熱心に聞かれていました。続編「本能寺の変Ⅱ」は610日です。

 

次回予告:5月20日

テーマ:戦国時代、公家の食卓を覗いてみる

講師:京都府立大学 特別専任教授

   上田 純一 先生

入学お申し込み・お問い合わせ

電話: 075-256-5810

ファックス: 075-256-5910

Email: info@kyoto-senior.jp

 

お問合わせはこちらから

 

<会場・教室>

京都市中京区烏丸通夷川上る少将井町239 

京都新聞社本社ビル

7階文化ホール

※地下鉄烏丸線丸太町駅・7番出口

 

<事務局>

京都市中京区烏丸通夷川上る ビルHANA2階

営業時間:9:00~17:00

休業日:土・日曜日、祝日

京都シニア大学公式 Facebook