選択科目 絵画

伏見の十石船乗り場近くで写生する学生の皆さん
伏見の十石船乗り場近くで写生する学生の皆さん

絵画部では、水彩画・アクリル・油絵などの画材を使って、人物デッサン・クロッキー、屋外スケッチ等の課目を行います。

また、春と秋にはの日帰りのスケッチ旅行を行います。

初心者の方から、ご経験者の方までどなたでも受講が可能です。

講師紹介

生徒の指導にあたる近藤先生
生徒の指導にあたる近藤先生

近藤 成樹先生

 

新芸術協会 理事(審査員)

OWL美術研究所講師

青年美術作家集団

 

新芸術展 銀賞

京展 入選


個展:ギャラリー中井

グループ展:「街道展」Gallery古象堂ほか

 

九州産業大学 卒業

 

絵画部では、年間を通じて、人物デッサン、クロッキー、屋外スケッチ等の課題や春秋のスケッチ旅行を行っています。

 

絵を描く上で大切な要素は、

1.健康であること

2.楽しんで描くこと

3.風景・人物・静物等々、いろいろ興味をもつこと

4.自分にとって、どの手法や対象が得意になれそうか探すこと

5.最後に、上記のことを継続することと思っています。

 

生徒の皆さんには、これらのことを授業で活かしながら、自分らしい個性を表現できるよう指導しています。

 

受講生の声

大石裕さんの水彩画(制作中)
大石裕さんの水彩画(制作中)

「はじめて絵を描いて」

 41期生 大石 裕 さん

 

絵を始めてみたいけれど、自分に描けるだろうか?

この疑問に、いつも勇気が無く、一歩が出ない自分でありました。

 

そんな時、インターネットで京都シニア大学に絵画部があることを知り、「見知らぬ所(ちなみに私は大阪の豊中市)で恥をかいても、いいか。」の気持ちで絵画部へ入部したのが1年前でした。

 

いざ入部してみると、絵が全く初めての自分に絵画部の皆さんが気軽に声を掛けて頂いたり、教えて下さったりして、初めての果物のバナナとりんごが並んだ絵をなんとか描くことが出来、この時の事は今でも鮮明に覚えております。

 

絵画部の教室はとても良い雰囲気で、授業内容も1泊写生旅行や野外スケッチ、人物デッサン、クロッキー、作品展など今まで私が経験したことが無い新しいことばかりでとても充実しています。

 

また、近藤先生の指導も生徒を一定の型にはめず、各自の描きたいスタイルを重視した指導ですので、私の下手な絵に関しても、心やさしい指導や講評を頂いており、早く上達したいと頑張っております。

入学お申し込み・お問い合わせ

電話: 075-256-5810

ファックス: 075-256-5910

Email: info@kyoto-senior.jp

 

お問合わせはこちらから

 

<会場・教室>

京都市中京区烏丸通夷川上る少将井町239 

京都新聞社本社ビル

7階文化ホール

※地下鉄丸太町駅の7番出口

 

<事務局>

京都市中京区烏丸通夷川上る ビルHANA2階

営業時間:9:00~17:00

休業日:土・日曜日、祝日

京都シニア大学公式 Facebook